垣内が柏木

つらい乾燥肌でお悩みの方のお肌ケアのポイントは普通肌の方以上に丁寧に保湿をすることです。

それから、ある程度皮脂を残すことも必要というのも大切なことです。

自分の肌に合わない強いクレンジングや洗顔料を使うと残すべき皮脂まで落ちてしまい、乾燥肌の方はさらに乾燥してしまいます。

洗顔に使用するお湯の温度ですがヒリヒリするような熱さではダメです。

保湿ももちろんですが自分の洗顔はこれでいいのかと振り返ってみてください。お肌ケアで特別考えておかないといけないことが余分なものを落とすことです。

メイク後の手入れをきちんとしないと肌が荒れる原因になってしまいます。

しかし、洗う際に力が強すぎると、肌をきれいに保つのに必要な皮脂までを取り除く結果になってしまって、荒れた肌になってしまうでしょう。また、洗顔はなんとなくで行うものではなく、クレンジングの正しいやり方を意識するようにしてください。肌の状態をみながら日々のお肌ケアの方法はさまざまな方法に切り替える必要があります。

ずっと同じやり方で、お肌ケアを「お肌のお手入れはできている」と思いおこなえばそれで大丈夫というわけではありません。乾燥気味のお肌が求めているのはさっぱりしたケアよりしっとりとした保湿だったり、刺激の弱いケアを生理前にはおこない、強い刺激を避けるというようにお肌にとって大切なことなのです。
そして、季節も変われば肌の状態も変わっていくので、ケアの方法も方法を使い分けることもお肌のためなのです。お肌ケアを目的とした化粧品を選ぶにあたっては、肌を刺激するような成分をできるだけ含まれていないことが最も大切です。刺激の強い成分(保存料など)はかゆくなったり肌が赤くなったりすることがあるので、配合成分について、きちんと確認しましょう。
また、メジャーだからといって誰にでも合うわけではないので肌に合っているかどうかなのです。
お肌ケアの基本として、まずはじめに汚れを落とすこと、また肌の水分を保つことです。

しっかりと汚れを落としてキレイにしないと肌の異常の原因となります。

また、肌が乾燥してしまうことも内側の水分が逃げていかないようにする機能を弱体化させてしまうので、保湿を必ずするようにしてください。

でも、必要以上に保湿をすることも悪いことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です